アトピー、アレルギー体質でも脱毛は可能?

 

アトピー、アレルギー体質でも脱毛は可能?に関して詳しく説明している画像

 

1.アトピー体質の方が脱毛をすることはできる?

 

1-1.脱毛サロンでは対応が変わってくる

 

 

アトピーの場合脱毛サロンのでは対応が変わってきます。

 

脱毛をする時には自分でも気がつかないことが多いのですが、実はお肌へのダメージが相当かかってしまうものなんです。特にアトピー体質の方への負担ってものすごく大きいかと思います。脱毛サロンやクリニックでおこなう光脱毛やレーザー脱毛に関しても同様で、やはりダメージはつきものです。

 

アトピー体質の方の脱毛については、そのサロンやクリニックによって規約が異なるかとは思いますが、脱毛を受け付けてもらえるというところでも、医師による同意書などが必要となってきます。

 

脱毛サロンではやっている所とやっていないところがあるんです!

 

 

1-2.脱毛サロンでは効果がない場合も

 

 

脱毛サロンでは短期間で効果がでないことが多いんです。

 

アトピーの方の場合には非常に肌が敏感でデリケートなので出力を強くしてしまうと痛みや症状がひどくなってしまう可能性があるので、肌に負担がかからないように出力をどうしても弱くせざるをえないので脱毛効果が弱くなってしまう可能性があります。

 

脱毛サロンは医療機関ではないので脱毛によるやけどのような肌トラブルの問題が出てしまうのを避けるために、脱毛効果が低くなっても危険性の少ない脱毛方法をおこなうしかないと言う現実を知っておいた方が良いと思います。

 

そのため、アトピーの方の脱毛は医療クリニックで受けるべきなんです!

 

 

1-3.アトピーの方は脱毛をするべきです

 

 

アトピーの方は絶対に脱毛をするべきなんです。

 

アトピーの方がムダ毛の処理をカミソリでやってしまうと肌へのダメージがひどくなってしまい、カミソリでのムダ毛の処理は定期的に繰り返しやらなければいけないので肌のトラブルがひどくなってしまう危険性があります。

 

そのため、アトピー脱毛での実績のあるクリニックでの脱毛が本当に重要です!

 

アトピーの方は自分は脱毛ができないと勘違いしている方多いのですが、実際には脱毛をすることは可能ですし、今より肌がきれいになってくるという事例も多く出ているので脱毛を検討してみるのが良いと思います。

 

 

2.アレルギー体質でも脱毛は可能?

 

アレルギー体質でも脱毛は可能?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.アレルギー体質でも脱毛はできます

 

 

今は脱毛技術が進歩しているので、基本的には、アレルギー体質の人でも問題ありません。

 

アレルギー体質の人でも安心で、自己処理するよりはおすすめです。カミソリや毛抜きでの自己処理は、肌を傷つけることが多いです。アレルギー体質の人は肌が敏感なので、自己処理で肌を傷つけると、普通の人より余計にダメージを受けることになります。

 

レーザー脱毛すると肌が綺麗になるので、医療機関での脱毛がおすすめです!

 

但し、アレルギー症状が酷く、皮膚が炎症や色素沈着を起こしている場合は控える必要があります。肌の状態が落ち着いてから脱毛することです。アレルギー体質の人が脱毛する場合、まずは無料カウンセリングで、肌の状態を詳しくチェックします。

 

そして、アレルギーの症状を診察します。脱毛に使う光は色素に反応するので、かさぶたがある時や炎症を起こしている場合、その部位については施術ができないことになっています。

 

 

2-2.脱毛サロンで脱毛をするときの注意点

 

 

脱毛サロンで脱毛をするときには注意点があります。

 

アレルギー体質などの症状を持っている人は脱毛料金が高くても脱毛サロンではなく医療クリニックで脱毛を受けた方が良いのですが、それでも医療クリニックが近くになく、料金が安いからと脱毛サロンが良いという方がいると思います。

 

アレルギー体質の方が脱毛サロンを利用する時に注意してもらいたいのが、

 

・脱毛前にパッチテストをする
・調子が悪い時には延期する
・痛みがある場合にはすぐに申告する

 

などの注意をすることがとても重要になります。

 

特に、その脱毛サロンの脱毛の方法が合うのかわからないので脱毛前にパッチテストを行って肌荒れを起こしたりと自分でも大丈夫だと確認してから脱毛の契約をするようにしてください。脱毛サロンによっては合わない場合もあります。

 

また、調子が悪い時には肌トラブルの原因になることが多いですし、肌が敏感になって痛みを感じることもあるのでその時にはしっかりと脱毛の延期や申告をするように注意してください。

 

脱毛サロンでは注意するポイントがあるので参考にしてください!

 

 

 

2-3.契約前には診断書の提出が必要

 

 

塗り薬にも注意しましょう。

 

アトピーの場合もそうなのですが、アレルギー体質の人がサロンで脱毛する場合、契約には医師の診断書が必要な場合があり、診断書については保険が適用されないため、安い病院でも3,000円くらいはかかってしまいます。

 

また、契約後も塗り薬には注意が必要で、特にステロイドが含まれた塗り薬では塗ったまま脱毛してしまうと肌荒れ、色素沈着、火傷などの危険性があります。そのため、塗り薬を使っている人は必ずサロンに伝えて、脱毛当日に塗って来てもいいのかを確認するようにしてください。

 

塗り薬によっては肌トラブルの危険性があります!

 

 

 

2-4.肌に優しい脱毛をおこなっているサロンを選ぶ

 

 

SSC脱毛とハイパ―スキン法なら肌に優しい脱毛ができます。

 

サロンでおこなわれているフラッシュ脱毛をさらに細かく分見てみると、SSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛という方法があります。このSSC脱毛をおこなっているミュゼや脱毛ラボでは肌への負担が少ないことが特徴で、アレルギー体質の人や敏感肌の人でも安心して脱毛できます。

 

一方ディオーネでは『ハイパースキン法』という独自の脱毛をおこなっています。このハイパースキン法では従来の脱毛とは違い、ほぼ体温に近い温度で脱毛できるため、3歳のあかちゃんでも脱毛ができるくらい肌に負担の少ない脱毛方法です。

 

ミュゼ、脱毛ラボ、ディオーネならアレルギー体質の人でも安心して脱毛できます!

 

(参考)
脱毛するときは痛いの?痛みの少ない脱毛方法は?