妊娠中・生理中でも脱毛していいの?

 

妊娠中、生理中の脱毛に関して詳しく説明している画像

 

1.妊娠がわかったら脱毛はしない方が良い

 

脱毛を行っている時に妊娠してしまうというは
女性にとってうれしい悩みでありますが困ってしまいますよね?

 

赤ちゃんに影響が出るのか気になってしまうなどの不安があるので、
妊娠した時の脱毛はどうすればいいのかをご紹介します。

 

 

1-1.妊娠中はサロンやクリニックでは脱毛をしてくれない

 

 

妊娠中は脱毛サロンでの脱毛はできません。

 

妊娠中の人への脱毛は基本的にはどこのエステサロンやクリニックなどにおいても施術は行ってくれません。しかし、脱毛サロンや脱毛クリニックで利用する脱毛器が放射線のような母体や胎児に影響があるわけではありません。

 

しかし、脱毛器は赤ちゃんに悪影響を及ぼすようなことはないようなのですが、妊娠中は何よりも母体自身がホルモンバランスなどが崩れがちな時期です。

 

妊娠中は責任が取れないので脱毛サロンで脱毛はできません!

 

 

 

1-2.妊娠中は肌が敏感で脱毛効果もあまりない

 

 

妊娠中はホルモンの影響などで脱毛効果があまりないんです。

 

妊娠によってホルモンバランスが崩れいている時はお肌の状態も不安定になっており、

 

・炎症を起こす可能性があること
・脱毛後に肌トラブルが起きやすい
・脱毛の効果が薄い可能性

 

など妊娠時の脱毛に特有の問題があるためです。

 

また、脱毛の施術を行う際に変な体制をを取ってしまうことや薬品の臭いなどで体調が悪くなってしまうことも考えられますのえで脱毛サロンや脱毛クリニックでは脱毛をやらないというとこがほとんどなんですね。

 

それほど、妊娠中は普通のときと違って色々なことに敏感になってしまっている時期だと言えるのです。

 

 

 

1-3.いつから脱毛を再開できるの?

 

 

生理の再開が目安になりますが、脱毛できない部分もあります。

 

サロンではいつから脱毛が再開できるのでしょうか?多くのサロンでは『生理が戻る』ことを脱毛再開の目安としていて、生理が2回来たらや、生理周期が安定したら脱毛を再開できるとするところがほとんどです。

 

ただし、授乳期間中の脱毛範囲(脱毛できる部位)には注意が必要で、母乳に関係する胸(乳輪周り)、脇の脱毛はできないサロンがほとんどです。

 

出産後に脱毛が再開できても授乳期間の脱毛範囲は制限されてしまいます!

 

 

 

1-4.妊娠予定の人におすすめなサロンは?

 

 

無期限で脱毛できるプラン(コース)のあるサロンがおすすめです。

 

サロンの脱毛には契約期限があり、それを過ぎてしまうと未消分化の回数があったとしても脱毛することができません。つまり、サロンによっては妊娠してる間に契約期限が過ぎてしまい、出産後サロンに通おうと思っても脱毛できない場合があるんです。

 

しかし、無期限で脱毛し放題のプランがあるサロンなら妊娠で脱毛を中断しても、契約期限が切れてしまうことはありません。

 

プラン(コース)

料金

銀座カラー

デリケートチョイス

37,600円

ミュゼ

美容脱毛完了コース

100円
(ミュゼははじめてでWEB予約限定)

 

 

銀座カラー、ミュゼなら追加料金なしで契約期限を気にせず、何度でもワキ脱毛をすることができます。また、妊娠、出産後はムダ毛の量が増えることがあるので、こうした場合でも無期限で脱毛し放題のある銀座カラー、ミュゼなら脱毛効果に満足できるまで何度も通えるので安心です。

 

期限、回数に関係なくワキ脱毛ができる銀座カラー、ミュゼがおすすめです!

 

 

 

2.妊娠がわかったら脱毛を中断することも

 

2-1.脱毛サロンに妊娠のことを伝えましょう

 

 

妊娠がわかったらまずは脱毛サロンへ相談しましょう。

 

脱毛の施術を何度か受けているうちに妊娠が発覚したときにも、しっかりと担当者に妊娠の事実を伝えましょう。出産後、体も精神的にも落ち着いた時期に改めて脱毛の施術を受けるようにしたほうがベストです。

 

また、脱毛サロンの脱毛で有効期限があるのか確認しましょう!

 

脱毛サロンによっては脱毛の時期が決まっているという脱毛サロンも中にはあるので、妊娠が決まって中断する時に有効期限がある場合には追加料金を払わないと延長できない可能性もあるので事前に確認しておきましょう。

 

 

 

2-2.妊娠中はカミソリでの自己処理がおすすめ

 

 

妊娠中は脱毛器を使わずにカミソリなどで自己処理をしましょう。

 

妊娠中は脱毛サロンでの脱毛はできないので妊娠中は基本的には自分でムダ毛処理を行うしかないということになります。肌が敏感な時期での脱毛となりますので慎重に無理をしない程度の自己処理がおすすめです。

 

妊娠中は脱毛の効果も非常に薄くなって、しかもホルモンバランスによってお肌はかなり敏感になっているので脱毛サロンではなく自分でむだ毛の処理を行って、子供が生まれて数か月たってからまた脱毛を開始するのが赤ちゃんにもお母さんにも安心できます。

 

カミソリや電気シェーバーで肌への刺激がない自己処理をおすすめします。

 

 

 

3.生理の時の脱毛には注意が必要

 

生理の時の脱毛には注意が必要に関して詳しく説明している画像

 

3-1.生理の時には脱毛は避けた方が良い

 

 

生理の時は脱毛は避けた方が良いでしょう。

 

女性としてどうしようもない部分なのですが周期的に生理がは訪れるものなので、もし、数か月前とかに脱毛サロンに予約しても生理の日に脱毛の日がかぶってしまった場合は肌トラブルが起きる可能性があるので脱毛を避けるようにしましょう。

 

生理の時は体調がとても不安定になりやすく、特に肌は敏感になっている事が多いのです。そのため、脱毛をした後に肌荒れのトラブルを起こしやすくなっているので生理の日の脱毛はおすすめできません。

 

トラブルが起きやすいので生理の時に脱毛はやめましょう!

 

 

 

3-2.生理の時には痛みが強くなることも

 

 

生理の時には脱毛による痛みを強く感じやすくなる人も居ます。

 

脱毛サロンで実施する光脱毛、フラッシュ脱毛は比較的痛みは少ない脱毛方法なのですがやはり脱毛は避けた方がいい理由の一つです。実際V.I.Oといったデリケートなビキニゾーンはサロン側からお断りする場合がほとんどです。

 

V.I.Oの部位は痛みもそうなのですが、生理で出てくる血がついてしまう可能性もあり、器具などを清潔に保つためには脱毛の施術はできないことになっています。他のお客さんにとっても安心・安全に脱毛するためには重要なことなんですね。

 

生理の時には脱毛による痛みを感じやすくなります!

 

 

 

3-3.脱毛サロンの予約は生理の周期を考えてしましょう

 

 

生理周期を考えて脱毛サロンの予約をしましょう。

 

脱毛のコースなどを契約する場合は、やはり自分の生理周期を把握しておくなどしておくと急なキャンセルで料金が余分に発生してしまうと言った損も避けられますので事前に確認をしておきましょう。

 

人気の脱毛サロンはなかなか急な予約が取れない場合もあるので生理の周期を把握しておいて、そのあたりには脱毛サロンの予約は入れないようにしておくとキャンセルする必要もなくなりますね。どんな場合であれ、やはり脱毛は万全な体調である事が基本です。少しでも不安や不調を感じたらキャンセルすることにしましょう。

 

生理周期を確認して脱毛の予約は取りましょう!

 

 

 

3-4.生理中もワキ脱毛ができるサロンは?

 

 

キレイモ、銀座カラー、ミュゼなら生理中もワキ脱毛ができます。

 

サロンによっては生理中のワキ脱毛ができないところがあります。そうしたサロンに通っていると、生理と予約が重なったときにはキャンセルしなければいけないので、生理中でもワキ脱毛のできるサロンに通っておくと、生理が原因でキャンセル料がかかってしまうこともなく、安心して通えます。

 

できるサロン

できないサロン

生理中のワキ脱毛

キレイモ
銀座カラー
ミュゼ

エタラビ
シースリー
脱毛ラボ

 

全身脱毛サロンを含めると生理中もワキ脱毛ができるのはキレイモ、銀座カラー、ミュゼの3社だけです。

 

この3社なら生理が来てしまっても予約をキャンセルする必要はないですし、サロンに空きがあれば生理周期をあまり気にせず予約ができるので、ワキ脱毛が進みやすくなります。

 

生理を気にせず予約が取りやすいのは銀座カラーとミュゼがです!