脱毛するときは痛いの?痛みの少ない脱毛方法は?

 

脱毛痛いに関して詳しく説明している画像

 

1.脱毛はどのくらい痛みを感じるの?

 

1-1.脱毛の痛い理由・原因は?

 

 

脱毛が痛い理由、原因は脱毛をするための方法によります。

 

脱毛をするためには脱毛サロンや医療クリニックで行われている脱毛方法の原理は、ムダ毛の毛根を焼くことによって毛根組織を破壊することによって脱毛をすることが初めて可能になってくるんです。

 

毛根を焼くわけですからそれなりの熱を出す必要があるので、
それを痛みと感じてしまうことが理由で脱毛は痛いと感じます。

 

しかし、脱毛がそこまで痛いのかと言われるとそうでもありません。

 

以前まで主流であった針脱毛は泣きそうなくらいの激痛が伴ったのですが、
今主流の光脱毛・レーザー脱毛で耐えられない痛みということはありません。

 

 

1-2.脱毛は部位によって痛みが違う

 

 

脱毛では部位によって大きく痛みの感じ方は変わます。

 

特に脱毛で痛みを感じてしまう部位として、

 

・Vライン脱毛
・Iライン脱毛
・Oライン脱毛
・脇脱毛

 

の部位が挙げられます。

 

この部位は非常に皮膚が薄く、刺激に敏感な部位になってくるので出力が弱いといわれている脱毛サロンの光脱毛・フラッシュ脱毛であっても痛みを感じてしまう方が多いのが特徴的な部位なんですね。

 

そのため、他の部位で痛みを感じなくてもVIO脱毛や脇脱毛をした時にかなり痛みを感じて、痛みに弱い人は脱毛をするのを辞めたくなったという人は実際にはいますので、部位によっては注意が必要なんですね。

 

部位によって痛みは大きく変わってくるので注意しましょう!

 

 

1-3.脱毛の痛みは個人差がある

 

 

脱毛の痛みにはかなり個人差があります。

 

これは脱毛の痛みだけではなく、もともと痛みに弱い人はやはり脱毛での痛みが強いと感じることが多いようですし、逆に普段痛みに強い人は脱毛では何となく一瞬光を当てたところが温かいと感じただけだった。と感じるそうです。

 

痛みを感じてしまう感覚というのはどうしても個人差によるところが非常に大きいので、脱毛の痛みも個人によって大きく痛みを感じてしまう人と脱毛による痛みを感じない人の差は大きいです。

 

痛みは個人差があるので自分はどうなのか体験脱毛で確認してください!

 

 

1-4.お肌の状態でも脱毛の痛みは変わる

 

 

冬などで乾燥肌の人は痛みが強くなる傾向があります。

 

脱毛をするときには脱毛をするときのお肌の状態によって、
同じ人が同じ部分の脱毛処理を受けた場合でも痛みが違うそうです。

 

例えば、夏は痛みがなかったのに冬は痛みがあったということがあります。お肌が乾燥している状態の場合には痛みを感じやすく、潤っている状態の時には痛みは感じにくいという傾向があります。

 

もし、普段痛みに弱いと感じている人は、お肌をしっかりと保湿をして潤っている状態に保っておいてから脱毛施術を受けると、意外に痛みを感じることがないかもしれませんので、試してみてはいかがでしょうか。

 

お肌の状態を良くしておくと痛みは軽減されやすくなります!

 

 

2.脱毛で痛みを感じたくない人は『痛みの少ない脱毛方法』を選びましょう

 

脱毛で痛みを感じたくない方はに関して詳しく説明している画像

 

2-1.脱毛サロンを利用する

 

 

脱毛サロンの脱毛は痛みを感じにくい脱毛方法です。

 

脱毛サロンは医療脱毛ではないので、医療行為になる手前の出力でしかフラッシュ脱毛をすることができません。そのため、脱毛サロンではそこまで痛みを感じることは少ないんですね。

 

しかし、それでも部位によっては、

 

・Vライン脱毛
・Iライン脱毛
・Oライン脱毛
・脇脱毛

 

などのお肌が敏感で痛みを感じやすい部位には痛いと感じてしまうこともあり得ます。

 

そのようなときは、どうしても部位によって痛いと感じる時には脱毛効果は落ちてしまいますが、スタッフと相談して脱毛効果を得られるために必要な出力ギリギリに出力を弱めてもらうなどの手立てもありますので、試してみてください。

 

脱毛サロンなら痛みに弱くても痛みはほとんど感じないと思います!

 

 

2-2.脱毛前に麻酔クリームを塗ってもらう

 

 

医療クリニックでは麻酔クリームを塗ってもらうことができます。

 

脱毛サロンでやっている所は非常に少ないのですが、レーザー脱毛は脱毛サロンのフラッシュ脱毛に比べて出力が強いので痛みを感じてしまう人も中にはいるので、そのような方のために脱毛前に麻酔クリームを塗ってもらうことが可能で痛みをほとんど感じない状態にすることが可能なんです。

 

麻酔クリームを塗ってもらえばレーザー脱毛で痛みが強いといわれる部位に脱毛をしてもほとんど痛みを感じることはないので痛みが嫌で痛みを我慢したくない人は麻酔クリームを相談してみましょう。

 

医療脱毛では痛みを感じなようにできるので安心してください!

 

 

 

2-3.痛みの少ないフラッシュ脱毛『SSC脱毛』

 

 

SSC脱毛では肌への負担が少なく痛みがほとんどありません。

 

サロンでおこなわれているフラッシュ脱毛には大きく分けて『SSC脱毛(スムーススキンコントロール)』と『IPL脱毛(インテンスパルスライト)』の2種類があります。

 

脱毛効果

脱毛の痛み

おこなっているサロン

SSC脱毛

低い

ほとんんどない

キレイモ
銀座カラー
エタラビ
シースリー

IPL脱毛

高い

少し感じる

ミュゼ
脱毛ラボ

 

 

 

IPL脱毛のように脱毛効果が高いということはそれだけ肌へ負担をかけていることにも繋がります。そのため、SSC脱毛は脱毛効果に関してはIPL脱毛より劣ってしまいますが、より一層肌に優しく痛みの少ない脱毛ができます。

 

また、SSC脱毛は脱毛前に塗るジェルの中に含まれたカプセルが脱毛器からの光によって弾けて脱毛効果のある成分が毛穴から浸透していくのですが、この方法ならムダ毛の色素が薄い部分でもIPL脱毛のように脱毛効果が下がってしまうことはありません。

 

SSC脱毛は痛みが少ないだけでなく顔や背中などの産毛脱毛にも効果的です!